思いやりのない人に思いやりを持って!っていうのは無理だと思う話

先日、普段は観ないテレビ番組をつけていたら、女性タレントさんが夫に持つ不満を暴露する、というVTRがありました。

 

内容としては、

家で夫婦でくつろいでいる時に、自分が食べているお菓子が美味しかったら、自分は夫に「これ美味しいから食べてみて」とシェアをする。

ところが、夫は自分が食べているお菓子を共有しようとするそぶりもなく、なんの迷いもなく全部ひとりで食べきってしまう。

 

「そっちも美味しそうだな」と思っていた女性タレントさんは、共有しようとしない夫に腹を立て、「なんで「食べる?」って聞いてくれないの!?なんでひとりで食べきっちゃうの!?」と。

 

「え、食べたかったなら言ってくれたら良かったのに・・・」とたじろぐ夫に対し、さらにヒートアップする妻。

 

「そういうことじゃない!自ら相手を思いやる気持ちがなく、自分のことしか考えていないことが問題なの!!」

 

・・・・・・ぼーっと観ていたので、細かな発言などは異なるかもしれませんが、VTRはざっくりこういう流れでした。

 

そこで私がとっさに思ったことは、 「この女の人コワイ・・・・・・!」以上。

 女性タレントさんに共感は出来なかったのでした。

 

タイトルにもあるのですが、思いやりのない人に「思いやりを持て」と言った結果、次の瞬間からその人が思いやりのある人に変わりました・・・・・・というのは、だいぶ難しい(もはや無理な)話と思うのです。

 

「自分は思いやりを持たずに生きる!」と決めている人なのであれば、どういう行動が「思いやりのある行動」なのかがわかっているということなので、すぐに行動を変えられるかもしれません。

ですが、そもそも多くの場合は「思いやりがある行動って具体的にどういう行動・・・?」となると思うのです。

 

先程の女性タレントさんの例で言えば、もしかしたら旦那さんは、怒られたその後はお菓子を食べる時に毎回「食べる?」と聞いてくれるようにはなるかもしれません。

 

でも、そもそもそれは「思いやりのある行動が出来るようになった」ではなく、「お菓子を食べる時は、相手に食べたいかどうか聞くようになった(なぜなら聞かないと怒られるから)」という行動であり、それは「思いやり」からではなく「怒られたくないから」が行動の動機です。

 

なにが思いやりのある行動で、なにが思いやりのない行動なのかは結局夫側としてはわからずじまいなので、おそらくこの女性タレントさんは、お菓子の共有以外のシーンで、「またこの人思いやりのない行動してる!」と、夫に腹を立てることは出て来てしまうのだろうな・・・などと考えてしまうのでした。

 

そしてもうひとつ、「あなたの思いやりがないところがイヤ!」と怒りをぶつけることは、果たして「思いやりのある行動」なのでしょうか・・・?

 

「え!ひとりで全部食べちゃったの!美味しいものは共有したい派だから、今度から味見させてほしい!声かけてほしい~」と伝える方が、相手もその後の行動をどう変えたらいいのかわかりやすいし、怒られなくて済むし・・・

 

そもそも「思いやり」の定義が人によって違うと思うので、自分にとっての「思いやりのある行動とは」という価値観を面倒でもひとつずつ共有していこうとする姿勢こそが、「思いやりのある行動」のひとつであるように感じます。

 (あくまでも“私の思う”思いやりのある行動、という話です(^^))

 

f:id:ametsuchi-gohan:20190118165446j:plain

共感はしなかったけれど、こうして色々と考えることが出来る、興味深いVTRでした。たまに見ない番組を見てみるというのもいいものですね!