心がつらいときは、まず肉体のケアをする

こんにちは、伊勢えりこです。

 

先日このような記事を書きました。 

www.ametsuchi-gohan.com

 

 

人間は、肉体と魂の組み合わせで出来ているよ~、というものです。

 

その続きなのですが・・・

 

魂と、その入れ物である身体・肉体は、相互に作用する関係にあります。

 

どちらかの状態が良いと、もう一方も良い方に引っ張られるし、逆に悪い方に引っ張られることもある・・・ということです。

 

ここでは魂を「心」と表現しますが、

心と身体、どちらかの状態が悪い(イマイチな)時は、もう一方の状態を良くすることで、勝手に上がってくれます。

 

たとえば、「なんだかやる気がおきない。テンション上がらない」という時は、美容院に行くと、気持ちまですっきりして、「ちょっとだけお買い物もしよう」とか、「溜め込んでいたあの作業をこの後進めよう!」とか、前向きになったりします。

 

外(身体)を整えることで、中(心)まで整います。

 

車の洗車などでもあると思うのですが、

愛車を愛情込めて数十分という時間をかけて洗車すると、すごく気分がすっきりしますよね。

別に車体自体は変わっていなくて、しっかりと洗ってあげたかどうかの違いなのですが、それでも洗車の前と後だと、乗る自分の気持ちまで違ってくる。

ゴキゲンで出かけられるし、なんなら「見て見て!」と言わんばかりに自信が出てくることもあります。

 

この場合の洗車した車体が、人間でいうところの「身体」で、中に乗るドライバーである自分が「心」だと考えてください。

 

 

また、「心」が「身体」へと影響を及ぼすことももちろんあり、それはたとえば「ストレスがなくなったら肌荒れがきれいになってきた」とか、うつ病なども心から身体に影響した結果として発症するものです。

 

 

繰り返しになりますが、いっけん別々のものに見える「身体」と「心」は相互に作用しています。

心はなかなかコントロールが難しく、どうにも調子に乗れない・・・ということもありますが、肉体のケアはプロのお任せすることで比較的かんたんに行うことができます。(自分で出来る方はもちろんそれでも!)

 

なーんか気分が上がらない・・・という時は、とりあえず肉体のケアをしてみると、自然と気分が上がることがあるので、ぜひ試してみてください。

f:id:ametsuchi-gohan:20190201145819j:plain

ネイルの色を変えるのとかも良いですよね~。・・・って思ったら、なんか人差し指の爪欠けてますね?テンション下がる~(-_-)

 なるほど、身体の方が微妙だと気持ちの方も下がるという、良き例ですね・・・。